準中型自動車・準中型免許の新設について

平成29年3月12日から改正道路交通法が施行され、準中型免許が新設されます。
車両総重量3.5トン以上7.5トン未満等の自動車が新たに準中型自動車として定義され、これにより、免許種類が「普通免許・中型免許・大型免許」から「普通免許・準中型免許・中型免許・大型免許」に変わります。

【新たな免許区分による車両総重量と最大積載量】



※1・・・平成19年6月2日以降普通免許取得(5トン限定準中型免許)
※2・・・平成19年6月1日以前普通免許取得(8トン限定中型免許)

注意 : T2、T3-APに一部規格外の車両がございます。詳しくはスタッフにおたずねください。

ページトップへ